上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
D3DXVec3Dot(内積)を使うと2つのベクトルの向き(鋭角、鈍角かどうか)を判定することができます、
鋭角なら正の数
鈍角なら負の数
直角なら0
D3DXVec3Normalizeでターゲット座標とミサイル座標を-1~1の範囲に正規化する
D3DXVec3Dotでベクトルの向きを判定する、1に近いほどターゲット方向に向いてる

//ホーミングやめる判定
D3DXVECTOR3 n1(0,0,0),n2(0,0,0);
D3DXVec3Normalize(&n1, &ターゲット座標);
D3DXVec3Normalize(&n2, &ミサイル座標);
float dot = D3DXVec3Dot(&n2, &n1);
if(dot > 0.99f)
{
ホーミングやめる
}

tuibisinai.jpg

追尾しなくなりました
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://perillasoft.blog75.fc2.com/tb.php/2-07b38e81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。