上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よく考えなくてもDX9は時代遅れですわ
Unityしよ

unity_buildsettings.jpg
いろんなプラットフォームで動かせるし

AMD独自グラフィックスAPI「Mantle」の詳細が明らかに。理論上はGeForceのMantle対応も可能!?
次々現れる新しい技術も勝手に取り込んでくれるでしょう

Unityしよ

//

chip_lighting.jpg
左がライティングなし(Ambient1)
右がUnity標準のディレクショナルライトとシャドウマップ 

左のように繋ぎ目を隠し 且つ右のようにシャドウマップを適用するのが理想

繋ぎ目が目立つ問題はマップチップをやめて1つのステージモデルにするれば解決するが
地形変化やステージのランダム生成が出来なくなるので却下

(あっ これは自分でシェーダー書くやつですわ)

//追記
ディファードライティングならライティングの陰影をつけつつ繋ぎ目も消せるな

//追記
Deferred Lighting はライトと影が最も厳密にレンダリングされます。もし多くのリアルタイムライトを使いたいのであれば最適でしょう。ただ、これはハードウェアがある一定のレベルが必要なので、Unity Pro 専用で、 Mobile Devices ではサポートされていません。
あ、はい。
Unity Pro ¥157,500
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。